絵、音楽

0527ツイートまとめ

f:id:umihanakuro:20190528141711j:plain

 

ここ一週間ぐらい本当にずっっと悩んで、考えてる、
曲がりなりにも「何者か」ではあった自分を、他者から見ても今の俺を象っている地盤としてパッと思い当たるのはやはり創作であるという事実を、排してしまっていいのか、勿論客観的に見ても排するに足る十分な精神的苦痛を受けたことは確かだけど、

いま地盤を崩して「何も持ってない、ただの趣味人」を目指したら、心は本当に凪ぐだろうか?楽に生きれるだろうか?仮に凪いだとしても覆水は返らない、「もう潮時だろうし」なんて言い分はたぶん勝ち逃げするための言い訳に過ぎない、天恵としか言いようがない環境や才能があるし、本当はまだ創りたい

ただ、他人の為に心身を削り過ぎる嫌いがある上に界隈の多くを占めるお花畑みたいな風土は自他共に認める通り根本的に相容れない、だから依頼の受諾には細心の注意を払う必要があるし、地盤を崩して凪ぐことに期待するのも悪手とは言えない、でもまだ早いかも知れない、後で後悔してもどうにもならない

昨日、会社の友達がこう言ったんだよ。
「お前の周りの人が言うことさ、正直俺すげえ分かるんだよね。嫉妬?っていうとたぶんちょっと違うと思うんだけどさ、要するに『同類だと思ってた友達がいつの間にか俺の手の届かない場所に立ってた』みたいな。知っての通り俺も創作が好きで仕方なくて、

一応漫研で時々絵を描いてて、その気になって能動的に行動を起こせばもっと色々出来たかも知れない、って思う節はあったのに、あれこれ理由をつけて自分に蓋をし続けて、気が付けば好きなクリエイターの活動を追うだけの『何もない人間』になってた訳でさ。後悔ばかりだし、正直お前が羨ましいよ。」

 

そして、俺の創作の大テーマは「創作物が好きで仕方が無いのに色んなものをこじらせてしまった者が、全ての同類へ捧ぐ、泥臭くもまだ青き理性に強く立つ人間賛歌」なんだけど、それを最大限にぶつけた『save your tears, save your dreams』がその友達にぶっ刺さった。俺がどれだけ嬉しかったか。

 

詳しくは石黒正数ネムルバカ』を読んでください(実は前述の友達もネムルバカを読んでいる)

f:id:umihanakuro:20190528141740j:plain