絵、音楽

考えなきゃいけないことが多過ぎて全く寝付けないからスマホをいじっていたらほんの出来心であの一年前のlineを見返してしまって涙がぼろぼろに零れた 僕らはどこまでも不器用だったけど、彼女のそれはいずれ摩耗されて社会のどこかに溶け込む 長い年月を要すると思うけど、それでもいずれは溶け込む  僕だけが不器用なまま、幽霊船みたいに生きづらさの中を彷徨う 今日も眠れないや それでもその青さや青臭さは僕にとってのLCLでありプログナイフでもあるから本当に大切にしたいものなのだけど、どれだけ心の底から『響けよ』と叫んでもきっと本当に大切な人には届かないもので、それが何より悲しい

 

ただ、まあこういうところが快復を妨げているんだと思うが、近いうちにおれはたぶん無理をする

悪い悔いは残したくないからな。