荒野

絵、音楽

コミティア124購買記録および雑感

f:id:umihanakuro:20180505184346j:plain

・ネット絵学(虎硬)『ネット絵学2018』

・junkuma(くまおり純)『遊具』

・インクボトル(今石洋之)『IBC02』

・イヌガー(TRIGGER)『BULLET5』

・良識派(中野でいち)『日曜朝のシルエット』、『西園寺ひばりの肋模様』、『カウントダウン』
・ハトポポコ(ハトポポコ)『キュート』

・キセガワ上流(背川昇) フリーペーパー

・クソライダー(T-10、位置原光Z) フリーペーパー
・もぐこん(ひうち棚、こいけぐらんじ、大西真人、三島芳治、もぐこん、柳田人徳)『グループH』
・ファンタジーソング(ドムタ、さたろばす)『STATES 1』

・赤井製作所(赤井さしみ)『ま』

 

 

 

特に良かったもの、こと

 

・『ネット絵学2018』でLM7が派手な看護婦フリークっぷりを存分に発揮しまくっていたこと

 

・本人の監修によって最早実際の口頭でのインタビューとは別物になっているらしい、異常に体系的で日本語のコロケーションが整った、『ネット絵学2018』の豊井のインタビュー

「言うほど風景ってパース的に見えてるか?って思うんです」は今回のインタビューを象徴する一言だと思う。おれもここまで言語化の深度を上げられたらなあ

 

・『ネット絵学2018』のインタビューで、TOKIYA、ラレコ、派手な看護婦らへんのゼロ年代サブカル代表の名前がたくさん挙がっていたこと

これにより、前作『ネット絵学』との文脈のリンク、というかインターネットネットイラストの歴史全体の文脈はより強化される

 

・『BULLET5』で、雨宮哲がJNTHEDみたいな絵を描いていたこと

あと、吉成曜のイラストは「ルーナノヴァが存在しない世界のアッコ」みたいなイメージだろうか。これもとても良かった。

 

・三島芳治『コミュニケーションSF』

 

・ハトポポコ『キュート』