絵、音楽

ぜろ

 

去年の春m3からちょうど一年間にわたる創作活動から、遂に足を洗うときが来た。

 

請け負っている案件で未済のものは、正真正銘ゼロになった。

根を掘り下げればどこまで遡ればいいのかも分からない、泥臭くてダサくて、だけどわずかに輝きを放った作家人生の全てが終わる。

 

 

最初は、大学時代の大切な友人への恩返しのつもりで恐る恐る足を踏み入れたものだったのが(尤も、実際には大学4年の終わり頃から制作に携わっているのだが)、だんだんと「自分にしか表現できないものが創れて、それがもし、万人に受けてほしいなんて全く思わないが、もし多くの人の心に響いたとしたらそれはどんなに嬉しく、美しいことだろう」という想いが強くなっていった。

 

その結果、作詞家としての活動がメインではあったが、最終的にはアルバムのプロダクションデザイナーまで務めた。各イラストの細かなディレクションを行い、自身で一部の主要なデザインも務めた。

 

僕には、僕にしか表現できない、僕にしか伝えられない、僕にしか言葉に起こせない、僕にしか視覚的イメージに起こせない事象を形に出来る能力が眠っていた。正確には、自分には才能なんて無いと決めつけ、ずっと蓋をして目を覚まさないようにしていた。

その能力は、先天的に獲得したものと後天的に獲得したもののハイブリッドであるように思う。前者は、単純に地頭の良さと、後述するが言語の素養だ。後者は、生まれてからずっと身を置いてきた環境に依存する、知的好奇心の強さと、論理的思考力だ。

ずっと、創作物が大好きだった。音楽はもちろん、漫画もイラストもデザインもアニメも小説も映画もゲームも動画も大好きで、それらは、分けて捉えてしまう人が多いのだけど、本質的にはぜんぶ地続きにあって、自身の中でどんどん体系が結びついていくのが本当に面白かった。しかも、地続きなのはなにも創作の範疇に限った話ではない。この世のあらゆる物事は、深い深い根っこの部分で必ず繋がっている。創作物があるのならば、その向こう側には必ずそれを作った人間がいて、その人の半生は、どんなに些細なことでも必ず作品に反映されている。そこに到達してから、作品を通じて、創作のことから、果ては僕らが住むこの世界についてまで、「考える」ということが楽しくて、好きで仕方がなくて、僕は半生の半分をそれに捧げた。もう半分は友達に。

創作のフィールドにきちんと足を踏み入れてから初めて分かったのだが、どうやらここまでの知識量、知識の幅、そして思考量があること自体が凄い能力であるらしい。実際、これは誇らしさを感じると同時に残念なことでもあったのだが、知識量と知識の幅に限っても、同人音楽界隈周辺で僕に迫る人はまず居なかった。

「自分には才能なんて無いと決めつけ」てしまっていたのも、天高く積み上がった知識量と思考量のてっぺんに立ち、あまりにも俯瞰的過ぎたためなのかも知れない。

 

その上で、「僕にしか表現できない」こととは一体なんだったのか、と言うと、要するに「創作物が好きで仕方が無いのにここまで色んなものをこじらせてしまった者が、創作物が好きで仕方が無いのに僕と同じように色んなものをこじらせてしまった者へ向ける、泥臭くもまだ青き理性に強く立つ人間賛歌」だった。

これには、僕が僕の半生で僕なりにずっと考え続け、実践し続けてきた「優しさとは何か?」に対する解答も含まれている。

実際に僕は、(一部の楽曲を除き)これに沿ってずっと作詞を行ってきた。

そして、他でもない僕自身がそれらの歌詞に救われてきたのは言うまでもない。

 

そもそも大前提として、幾度も不意に接近する淡い死の匂いを感じながらも僕はまだ生きている。それどころか、死の匂いを感じる度に思考がどんどん研ぎ澄まされていくようでさえあった。

エヴァの有名な台詞の通りだ。まだ生きているのだから、しっかり生きて、それから死ぬべきだ。

 

それからは、本当に色んなものに触れた。

言葉の力、作り手の気持ち、受け取り手の気持ち、人のかたち、世界のかたち、魂の構造。

細かくは割愛する。

 

前述の通り、作詞家として、そしてプロダクションデザイナーとして僕は依頼を受けて活動してきた。

後者については、だいたい前述の通りのことを実践に起こした結果で、僕には漫画やイラストや作画に関しての知識量と思考量で誰にも負けていない自負があったし、それらと音楽に本質的な垣根は一切無い、という考えを応用したまでで、それ以上でもそれ以下でも無い。

ただ、全く予期していなかったし、本当に納得の行くアートワークを創り上げることができたので大変嬉しく思っている。心の底から、漫画やイラストや作画が好きで本当に良かった、と思う。曲がりなりにも商業で活躍されているイラストレーターの方と対等に作品を創り上げていくことができたのは、本当に得難い経験であった。

前者については、僕が音楽を愛して止まないのは言うまでもないが、それと同時に僕には言語の素養があった。小学生の頃からずっと国語の成績はとても良くて、小説や歌詞から増田まで、とにかく言葉が紡がれているものだったらそれが自然発生的であればあるほど積極的に摂取してきた。高校生になった辺りで、自身の中で言語体系がきちんと構築されてからは、それを日本語以外の言語に応用することも訳無かった。要するに、英語の成績もとても良かったのだ。

言語感覚、特に日本語表現にはかなりの自信があった。作詞家として活動することになる直前の一年間は、ちょうど自身の日本語表現に対して他者、それもプロ中のプロから明確に非常に高い評価を受けて、確かな自信がついたタイミングでもあった。

だから、創作に発展させるつもりはまるで無かったのだが、なんとなしにブログを開設して日記のようなものをつけるのが常態化していた。

 

そんなある日、作曲家として活躍している大学の友達から、作詞の依頼が飛んで来た。
あまり他人に見られている意識は無かったが、どうも僕のブログに感銘を受けたらしい。

色々考えた末、僕はそれを承諾した。
全ての始まりというのは、往々にして案外瑣末で唐突なものである。

 

全ての終わりというのは、往々にしてやけに感動的で奇跡的なものらしい。

最後に済んだ依頼は、その友達からの依頼だった。色々あって進行状況が滞りに滞り、企画段階にあった熱も、夢みたいだけど届かないことはないかも知れないボーカル依頼の夢も、到底失われて、叶わなくなってしまったかも知れなくて、でも絶対に諦める訳にはいかなくて、ずっと心を、熱を、ふらふらになりながらも保ち続けた結果、夢のようなボーカル依頼が本当に通ってしまった。

ちょうど一年前、その友達からの依頼を受けて作詞をしたときも、僕らが知り合ってからずっと僕らの憧れだったボーカルさんに依頼が通り、二人で諸手を挙げて喜んだ。

まるで、その時の再現のようじゃないか。僕は、今回のボーカル依頼が通った瞬間、涙が止まらなくなってしまった。

こんな奇跡ってあるか。

 

かくして、僕の作家人生という物語の暗幕は、夜の帳のように、音も無く下りていく。

 

 

尤も、まだやるべきことは残っているんだけど。

創作活動に、本当の終わりなんて無いのかも知れないんだよな。

まずボーカルのデータが届いたらその確認と編曲の案出しをすることになるし、某アルバムの制作中の楽曲群に対して助言が必要そうならそれをすることだって厭わない。 

それが済んでも、まだ「作品の完成を見届ける」という役割が僕にはあるし、なんなら作詞もアートワークも含めて僕が創ってきた全てのものたちは、完成して、イベントでの頒布が終わってもこの世に、誰かの心に残り続けるのだと思うと、本当に、創作活動に本当の終わりなんて無いのかも知れない。

 

ただまあ、いち段落したのは紛うことなき事実だ。本当に、本当にこの数か月、あまりにも理不尽な目にも遭ったし、本当に辛いことも沢山あったけど、本当に頑張った。思えばあの理不尽からまだ2か月程度しか経っていないんだよな。本当によく張り詰めて頑張ったと思う。僕はこの数か月の創作物に、本当にありったけの希望を込めた。僕のこの熱が、絶対に報われますように、と。

春m3と某案件、本当に楽しみにしていてください。

とりあえず僕は明日から友達と北海道に旅行に行ってきます。

 

 

0612日記 人として

f:id:umihanakuro:20180612230540j:plain

(6/12 22時頃  野毛山公園前にて)

 

 

自分の気持ちが分からない。

 

会社からの帰路、大して仲が良い訳でもないけど同じ寮に住んでいる同僚たちと、夕食を買い込みにスーパーに立ち寄る。

べつにこれ自体はなんでもないことだ。いくら俺が人間的に興味が無い会社の同僚との無用な遭遇をなるたけ避けるようにしていたって、タイミング次第ではこういうことも起こる。

 

本当になんでもない、他愛も無い会話が展開される。今日しんどかったね~とか、明日の席替えの話とか、ごはん派かパスタ派かとか、ここ2か月で得た良い惣菜の知見に関する話だとか、割引きシールの話とか。

 

あれ、意外と人生ってこんなもんでいいのかな。

そうだ、あと、やっとの思いで手に入れた、プレミアがついてる創作同人誌が近々届くんだった。それが楽しみなんだっだ。俺の人生における幸福の総量を考えたら、こんなもんで十分なんじゃないか。

 

 

今、無理をする必要なんか無いんじゃないのか。

 そんなことが一瞬でも頭をよぎってしまった自分に嫌気が差す。

 

 

 というか無理をする/しない以前に、自分の気持ちすらよく分からない。他の人間の気持ちなんてもっと分からないのに。

睡眠障害だって依然として治る気配は無い。

そういう精神的弱さに、何か変化がもたらされるかも、という淡い期待、というか打算もあったんじゃなかったっけ。

それすらも、精神が弱過ぎてどうでもよくなってくる。

むしろ、ならばいっそ、目下その打算だけを行動原理とすべきなのか、とすら思えてくる。

 

 

俺はずっと、「考えることを辞めるぐらいだったら死んでた方がマシ」という理念を掲げてきたが、実際には「今後もずっと考えることを辞めない」ことはたぶんとても難しい。

今の研修を受けてる限り、配属後の仕事にやりがいなんて感じなさそうだ。まあ分かってたけど。

創作物に対する熱は未だ冷めないが、これは精神的・肉体的に一定以上元気な人々しか享受できないものなのではないか、と最近思い始めてきた。とは言え娯楽でもあるのだから、その「一定」のハードルはかなり低いはずだが、今の俺はそれさえけっこう怪しい。

そう遠くないうちに、精神も、肉体も擦り減って消え失せてしまうんじゃないか。しかもそれはだんだんと摩耗されていくものだから、自分が消え失せたことに気が付くことすらないだろう。それがただただ怖い。

 

 

妹から『最近どう?』とラインが来ている。

俺にとって妹は、家族のうち、唯一仲が良かった人間だ。

 

兄として、そして人として、返す言葉が見つからない。

 

 

0314日記 運河探訪など

f:id:umihanakuro:20180314235224j:plain

卒業証明書を発行するために、運河くんだりまで赴いた。

 

1号館の自動発行機から「べーっ」と出力されたそれには、学長の氏名が記載され、仰々しいハンコが捺されていた。尤も、印刷物に過ぎないので、「捺す」という表現は、こう、スピリチュアルな側面から捉えると不適切かも知れない。まあ何千何万と発行される書類にスピリットを求める学生なんていないだろうしどうでもいいな。更にどうでもいいことに、俺は今日初めて学長の氏名を知った。

ともかく、遊びの予定以外で運河を訪れることはもう無いのだ。

 

そう思うと少し感慨深くもなるもので、1号館を離れた俺の足は、キャンパスの奥の方へと向かっていた。

あれだけ嫌だった数学(特に解析系)から解放され、こんなに清々しい気持ちで学内を探訪するのは一体何年ぶりだろうかと思う。講義やゼミが終わるや否やなるべく早く、なるべく遠くへ逃げるように帰る学生生活を続け、目を逸らしがちだった大学の本質が見えてくる。

 

どうせだから、とまずは4号館の掲示板を見納めることにする。

見納める、と言っても、前述のような学生生活をしていた俺がマトモに掲示物を見たことなんてほとんどあるはずもなく、のっけからなかなか刺激が強い。世の中には様々な掲示があるものだ。

そんな中に、俺と同時期に入学し、3年目以降疎遠になった人間の名前を発見する。今思えば、かつて学科で一緒に居た連中は皆一様にそもそも「陽」の性質を持ち合わせていたし、それでいて学業もある程度以上に秀でていたので俺と相容れるはずもなかった。まあそれを悲観していた訳でもないが、楽観できなかったのも事実だと思う。そういう部分で俺の「陰」性はますます強まっていった。

 

ただ、一度だけ奴の家に訪れたことがある。大学のグループ課題半分、遊び半分みたいな感じだったと思う。

そのとき、本棚を見たら松本大洋の『ピンポン』が揃えてあったのだ。

『ピンポン』を目にして俺が反応しない訳が無い。普段あまり口を開かないのに、急に饒舌になって好きな話数とかを聞き始める俺。「陰」そのものである。

その場に居た全員が苦笑しながらも、奴だけは「いや、『ピンポン』好きな人間に悪いのはいねえからよ」と言うのだった。

 

気が付いたらそんなエピソードを思い出していた。そう言えば、確定した時期は違うがこいつも1回留年していたんだった。同じタイミングでの卒業となる。つーかなんでこいつこの時期に呼び出されてんだよ......

もし卒業式の後の卒業証書貰う会で見掛けたら面白いな、互いに驚くことだろう......とか思いながら4号館を後にした。

 

こんな時期でも、大学に人はいる。「陽」たちが中庭でフリスビーをしたりしている。フリスビーを用いたあのスポーツ...なんだっけ、名前も忘れてしまったよ。それのサークルが存在したことも思い出す。

目を逸らし続けていたが、こいつらにもそれぞれに人生がある。きっとどいつもこいつも、口では留年の恐怖に怯える風を出しておきながら、単位くらい要領よく集めていて、けっこう幸せで健康的な人生を過ごしているのだ。童貞でもないだろう。「バラ色のキャンパスライフ」というやつかも知れない。

橋本絵莉子波多野裕文の『飛翔』の歌詞を思い出す。「もう一度やり直せても  同じことを選ぼうと思う」と橋本絵莉子(チャットモンチー)は言う。俺もそうだと思う。ていうか俺はどうやってもこいつらみたいなキャンパスライフは送れないだろうし、送らないだろうなと思う。

不眠症をカミングアウトすると、よく「考えることを辞めれば楽になれますよ」って言われる。ほんとによく言われるけど、俺にとってはそれは死んでるのと同じだ。考えるのを辞めて社会にとろとろ溶け込んでいくくらいだったら自律神経こじらせて死んだ方がマシである。

 

とは言えこういうことを考えてると動けなくなってきて、出先でそれはまずいので、28日に発売されるチャットモンチーのトリビュートアルバムがすげえ楽しみ、って方向に思考を無理矢理シフトしていく。

いやほんと、すげえ楽しみ。爆音で、チャットモンチーを聞いた、涙が、もう涙がぼろぼろ、溢れた、経験があるのか?おまえらは

 

 

夕食として麒麟児の油そばを食って帰ることにした。

噂通り、80円値上がりしていた。流石に麒麟児にはそれなりに足繁く通っていたので、割合最近の話だろう。思えば、「食」の面ではかなり良いタイミングで理科大に通っていたのだ。麒麟児がちょうど開店したあたりで入学し、ちょうど油そばが高くなる頃に卒業する。

味でも量でもお金においても、大変お世話になった店だった。本当に有難う、と思い、泣きながら麺をすすった。嘘だけど。

 

 

最後に、麒麟児から少し川の方に行ったところにある長屋?みたいな建物を見て帰った。冒頭に貼った写真は、そのとき撮ったものである。

俺は本当にこの建物の、この向きが好きだった。逆から見ると店であることが分かるのだが、要するにこの向きは「裏」側である。

「裏」特有の雑然とした雰囲気とか、古過ぎず、新し過ぎない日本らしい建築様式であったりとか、アンテナの角度とか、室外機の配置とか、辺りに高い建物がほとんど無いので屋根を挟んで空が綺麗に見えるあたりとか、全て好きだった。

まあ要するに、「現代」「日本」「ケ」っていう俺の好きな三大要素を全て満たしていた。

f:id:umihanakuro:20180315002910j:plain

(同じ場所、2~3年前に撮った写真)

犬派だが、猫を写真によく収めているかも知れない。今気付いた。

というか、絵とか写真におけるモチーフとしては犬より猫の方が好きだ。っていうかたぶん普遍的に優れている。なんでだろう。

ちょっとしばらくはこれについて考えてみることにします。

 

 

あと、帰りにツタヤで『THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS STARLIGHT MASTER 15 桜の頃』を借りた。

ササキトモコの新曲が本当に良い。最近、微妙にフレンチポップの時代が来ていませんか?

『少女終末旅行』展に行ってきた。焚き火のカットについて考える など

原宿ACG_Laboで2/9から開催されていた展示を見てきた。今日が最終日。

 

f:id:umihanakuro:20180222230321j:plain

さて、展示の内容は、漫画の複製原稿、アニメ本編の複製原画、アニメOPの絵コンテ、アニメEDのラフ原・原画・Vコンテ、アニメの設定資料など様々であったが、一番の見所はEDのVコンテだったと僕は思う。

会場の隅っこの小さなディスプレイで流されていたので、気付かなかった人も多かったかも知れない。

 

Vコンテ(=ビデオコンテ)というのは、その名の通り絵コンテの映像版のようなものだ。映像によって大まかな完成図を示し、演出指示を与える。特にカットごとの長さやタイミングを分かりやすく示せるという利点がある。まあこのEDの場合、つくみず先生自身が原画も動画も背景美術も仕上げも撮影もやってるので自身に与えている訳だけど。(尤も、これはあまり本質的なことではないけど、展示されていた原画を見る感じだと背景美術や仕上げも原画内で処理してるっぽい)

その前段階となる絵コンテは以前つくみず先生が自身のTwitterで公開していた(今も見れるのかは知らない)が、曲がついて、絵もラフ原か原画に近いものになっているカットが多く、より完成像に近いものになっていた。

ちなみに曲(More One Night)はよく聴いたら仮歌段階だった。これも結構貴重かも知れない。(仮歌を聴く機会なんてなかなか無いので僕の勝手なイメージでボカロPは仮歌にボカロを使うものだと思っていたが、ピッチをいじった人間の声だった。emonさん本人なのだろうか?)

 

ここで注目したいのが、Vコンテ作成時におけるカットごとの完成度の違いだ。というか、Vコンテなのにも関わらずほぼ完成しているカットが存在したという事実だ。

前半部分(イントロ~Bメロまで)は、ループしたキャラや背景動画の動きが多いためほとんど1カットにつき1,2枚でコンテが構成されている。サビ前半にはある程度大きな動きがあるためキーフレームっぽいところを切り出してあるが、やはり飽くまでもコンテではある。

 

しかし、漫画の最終話を想起させるような殺風景な場所でチトとユーリが焚き火をするカット(歌詞で言うと『もう終わんない』の繰り返しのところ)だけは四隅の鉛筆タッチの枠?のようなものを除けばほぼテレビで流れた完成映像だったのだ。

これはつくみず先生が意識的にこのカットをとても優先して描いた、つまり絶対にこのカットは描きたかった、EDに組み込むことにしていた、ということに他ならないだろう。

そもそも漫画の最終話の意図は何なのか?とか、つくみず先生は最初から最終話の展開を想定して描いていたのか?とかそういうことは置いておいて、兎にも角にもつくみず先生の頭の中でこのカットのような風景が『少女終末旅行』において非常に重要な位置付けである、ということなのだろう。

果ては、つくみず先生の心象風景でもあるのかも知れない。

 

というところまで考えました。

 

 

その他、展の感想箇条書き

・単行本より大きなサイズで原稿が見れたのはやはり良かった。紙だし。

・8話『月光』の原画が良かった。7話『調理』の原画も良かったんだけどあまり人気がなくて悲しかった。

・8話の台本の表紙絵が良かった。

・EDのチトがユーリの頭を叩いているところの背景のみの原画が素朴でとても良かった。

・寄せ書きスペースみたいなところに描いてあったつくみず先生本人の絵が良かった。せっかくなので僕もちょろっと書いた。

どうせだから音MAD編もやるか

2017年上半期の音MAD個人的3選

流石に10選できるほど見てはいないので絞って3つです

 

てくてく by Estl - ニコニコ動画

ただただ完璧です 可愛さから、随所の外連味まで全て完璧に良い......

 

鍋料理 エンターテイメント/動画 - ニコニコ動画

展開力の高さですよね 

 

よるのつかさ by こうちゃ アニメ/動画 - ニコニコ動画

 アンビエントみたいな感じです