絵、音楽

映画『ペンギン・ハイウェイ』は傑作

僕という人間は、まあ、デビュー作の『太陽の塔』から最新作の『夜行』まで、もっと言うと映画版『夜は短し』の特典だった書き下ろしの短編小説2本と、ヴィレヴァンとのコラボでひっそりと執筆された幻の作品『郵便少年』まで、森見登美彦が著し、本としてこの世に出回ったものは全て読破しているし、所有しているんですよ。もちろん『ペンギン・ハイウェイ』もその例に漏れない。後にコミティアに通うようになってjunkumaというイラストレーターのファンになり、それがハードカバーで出版された際の表紙絵と繋がることになるのですが今はそれは置いといて。『ペンギン・ハイウェイ』(とそのスピンオフ作品である『郵便少年』)は、森見作品の中で唯一京都が登場しないことで知られます。郊外の架空のニュータウンを舞台に、聡明で平生子供らしくない男の子が、未知との遭遇に心をときめかせる一方、本来持っている子供らしさとの狭間で揺れ動く、そういうお話。森見作品の大きな特徴として「専ら主人公の一人称目線で物語が進行していく」というものがあり、実はこれは映像化にあたって割と大きな壁になります。湯浅政明という人物は森見のそういった志向と相性がよく、『四畳半神話大系』と『夜は短し』を完璧な形で映像に仕上げました。ただ、まあ『四畳半』を見たことがある人なら分かりますがひたすらにモノローグが長い。浅沼晋太郎の滑舌が無ければ実現しなかったかも知れない。明らかに他のアニメとは作りが違う。森見としては『四畳半』の出来に大満足だった一方、『有頂天家族』のアニメ化が決まった際に非常に心配になったそう。しかし『有頂天家族』のアニメ化は成功した。久米田康治によるキャラクター原案と、櫻井孝宏能登麻美子をはじめとする声優陣の活躍、名のあるアニメーターの活躍、そしてPAWORKS の背景美術の技術、全てが噛み合って、キャラクターたちがとても活き活きと動いた。

 

 

さて、では同じように映像化の観点に立った際、『ペンギン・ハイウェイ』にはどんな強みがあっただろうか?

 

一つ目は、メインキャラクターの可愛さだ。特に主人公の「アオヤマ君」、「お姉さん」、そして「ハマモトさん」 舞台こそ(京都ではないという点で)森見らしさは薄いものの、これらのキャラクターは皆森見作品らしい個性的なキャラクターを持っていた。

 

二つ目は、ニュータウンを舞台としたことによる「視覚的な透明度の高さ」。
『四畳半』では京都の雑多な部分、『有頂天』では京都の流麗な部分が肝要であったため、背景美術の出来=透明度の高さには繋がらなかった。
フラットデザインや現代建築に見られるように、透明度は評価に繋がる可能性が高い。

 

三つ目は、そもそも映像映えする設定が随所に盛り込まれていること。
「ペンギン」の変形、「海」の変形、終盤に向かうにつれてどんどん多くなっていく似非SF描写。
ペンギン・ハイウェイ』を読む人は、恐らく必ず、各々が思い思いの情景で頭の中にアニメーションを想像していたと思う。

 

スタジオコロリドは、これらを全て描き切った。
ジブリ出身のベテランアニメーター、撮影、音響の力、川野達郎や紺野大樹といった若い圧倒的な才能の取り込み、そして何より新井陽次郎のデザインの魅力。
映画『ペンギン・ハイウェイ』は、間違いなく2018年を代表する傑作アニメ映画である。

 

それにしても、アオヤマ君の妹のCVは久野美咲だってすぐ分かったけどペンギンも久野美咲なのはマジで驚いたなぁ。ひそまそでも思ったけどどんだけ高音域出せんだよマジで

C94購買記録および雑感

前回

umihanakuro.hatenadiary.jp

 

f:id:umihanakuro:20180812214630j:plain

 

アニメスタイル電脳コイル アーカイブス』

・TRIGGER『SSSS.GRIDMAN STARTER BOOK』

・芳垣佑介(芳垣佑介)『Fieldtrip』

・芳垣佑介(芳垣佑介)『中型怪獣の暮らす町BOOK』

・セメタリーヒルズ(今石洋之)『今石洋之原画集19号』

・セメタリーヒルズ(今石洋之)『チラシシューマイアメリカン』

・関東田舎言葉(五十嵐海、内田直人、五十嵐祐貴)『モブ図鑑』

・ChaChaCha(堀剛史)『堀剛史原画集MILD』

・たなしプロダクション(中村豊)『IMCOMPLETNESS miracle 3』

ANA&MICAE(コンノタ)『HEAVENLY MAIDEN 1.5』

・アニメ偏報(unkoer、ムトベ、アツキ、押山清高、温泉中也、久保田誓、諏訪壮大、ちゃう、のりゆき、横田拓己)『MTBN』

・45yen(貞本義行)『GRAPHITE3』

・いいとこまんじゅう(はまち)『いんちきさかなずかん』

・けむりとほこり(けむほこ)『覚えの無い不在書/誤記を待つ怪文書』

ジークンドー(G=ヒコロウ雑君保プ道満晴明)『デビルメイクラヴ』

・赤井製作所(赤井さしみ)『丼』

・キツネイロ(キツネ)『朱夏のより道』

 

 

上から順に雑感

電脳コイル アーカイブス』 プロップデザイン、各話イメージ、イメージボード辺りのあったかさですかね

『SSSS.GRIDMAN STARTER BOOK』 公式twitterのカウントダウンイラスト?のまとめかと思ってたけど違った 五十嵐海の絵が相変わらず支離滅裂で最高でしたね

『Fieldtrip』 LWA1クール目EDの原画がメインだが、芳垣の細かいアイデア力が詰まった一冊

『中型怪獣の暮らす町BOOK』 芳垣のあったかさの塊

今石洋之原画集19号』 アイカツのあの回の原画や、ダリフラのラフ絵コンテなど ルル子の絵が良かった

『チラシシューマイアメリカン』 アメコミ全然分からないけど、なんか並んだ時間があまりにも勿体なく感じて買ってしまった、、

『モブ図鑑』 また、ダリフラ8話の風呂のとこのような五十嵐海ワールドが見たい、、、

『堀剛史原画集MILD』 アッコの落書きgifの原画、サムライチャンプルーの原画など ダリフラはスルー

『IMCOMPLETNESS miracle 3』 直近の仕事(血界2期、ヒロアカ3期)のラフ原 「あったかい」って言葉が出るから、中村豊は冬が好きらしい

『HEAVENLY MAIDEN 1.5』 紺野大樹の趣味本

『MTBN』 制作進行かなんかの人の絵を"あの"アニメーターたちが修正する、という触れ込みのヤバい本 一番まともに修正すると思ってた押山がすげえ雑で笑った

『GRAPHITE3』 表紙のヒドミと、宝石の国のファンアートが良かった 月曜日の友達のファンアートは結構頑張って阿部共実絵に寄せてたけど貞本との融合は難しいと思った

『いんちきさかなずかん』 普通に好きな漫画だった 最近知ったからよく知らないんだけどこの人はアニメーターなのかそうじゃないのか

『覚えの無い不在書/誤記を待つ怪文書』 芸カは行けないけどこういう時にどうにか小数点ナンバリングを回収していくんだ 信者だから

『デビルメイクラヴ』 最近ヒコロウのオリジナルの調子が良い気がする

『丼』 いつも通りの女の子と魔物がひたすら可愛い漫画群

朱夏のより道』 イラスト「夏ざまの部屋」が最高 ファンなら絶対買うべき 今までで一番かっこよくまとまってるかも

 

昼飯

あらほぐし焼きさけ(ローソンのおにぎり)  140円

味付海苔使用  玉子かけ風ごはん(ローソンのおにぎり)  120円

あら挽きウィンナー&カレー(ローソンの惣菜パン)  140円

 

毎日これ

ちなみに、全然足りない

創作同人系稀覯本紹介 その2

f:id:umihanakuro:20180719215648j:plain

f:id:umihanakuro:20180719231842j:plain

 

・アルニホメル(今岡律之)『NRBN』

・アルニホメル(今岡律之)『NRBN2』

・つくみず(つくみず)『tkmiz つくみずらくがき画集』

・OUTLiNE(ちなB、みそ、江川晋次郎、凹、N/A)『Virtual_FlyeR.』

 

 

『NRBN』、『NRBN2』について

アニメーター・今岡律之の個人誌。それぞれC90、C92で頒布された。

原画集ではないが、タップ穴が空いている落書きが散りばめられている。

ヤマノススメ、デレマス、ゆるゆりの二次創作がほとんどを占めるが、今岡律之独特のセンスが如何なく発揮されて描かれているため、最早萌えアニメの二次創作本と見るより今岡律之の一次創作本として見た方が正しい。

『NRBN』では出身大学である九州大学の赤本が歳能京子の手によって燃やされ、『NRBN2』では倉上ひなたが立教大学の赤本を凝視している。モンスターファームのオクレイマン(のようなもの)がコラージュされて多数登場する。オクレイマンに関連するとあるネットミームも折に触れて登場する。コラージュネタは他にも漫画の一コマ、ニコニコ動画のコメント欄や2ちゃんねるのレスなど多岐に渡り、ラスト数ページはさながらエヴァ旧劇のようでもある。

要するに現アに近い世界だ。音楽ジャンルに例えるとvaporwaveに相当するだろう。

やはりこの人物の魂が最期に還る場所は「インターネットの海」なのだ、と再認識させられる。

かく言う俺の魂が還る場所も、恐らくそう

 

 

『tkmiz つくみずらくがき画集』について

漫画家・つくみずの個人誌。コミティア123で頒布された。

テレビアニメ「少女終末旅行」放送終了後であったが、EDの原画などは載っていない。右の方に見切れている「アニメスタイル」第13号に載ってる。

飽くまでもイラスト誌である。そして、『NRBN』シリーズと潜在的な魂の繋がりがある、とまことしやかに囁かれる、、、

やはり鍵を握るのは「二次創作と著者の創作性の混じり合い」だろう。一番多いのはひだまりスケッチで、時点は物語シリーズ、模造クリスタル作品辺り たぶんコミティアで頒布するにはギリギリのラインの量

完全な一次創作もひっくるめて、まあ一言で言うと神、だよね、、

特に自身のオリジナルキャラクターとひだまりスケッチの登場キャラに対する愛が伝わってくるところですね

 

 

『Virtual_FlyeR.』について

昨年話題を呼んだアニメ「Fate/Apocrypha」第22話の演出・原画などを担当したアニメーター・伍柏諭が中心となり、同話の参加アニメーター数名がイラストを描いた合同誌。C93で頒布された。

特筆すべきは、原画を描いていないのに同話に友情クレジットされているイラストレーター・江川晋次郎こと信じろのイラストが載っていることだろう。ちなみに輝夜月のイラストなのだが、すげえ可愛い。

極少部数のコピ本ながら、ちなのレイアウトセンスが垣間見えたり、伍柏諭が描きたい理想の世界観が提示されていたり、面白い一冊。個人的には伍柏諭はフリクリプログレのEDである程度それを実現したのではないかと思っている。

 

 

以上

今回はアニメ系でしたが次回は漫画家です たぶん

 

 

そういや今日のBORUTOリアタイで見たんだけど、サスケのアクション神だったね