絵、音楽

また、いつかどこかで。

僕の人生という物語の暗幕が、夜の帳のように音もせず下りていく。

 

結局のところ、笑えちゃうくらい、絶対に報われないように神さまに仕組まれてるみたいです。

 

予てから言っていたように、『rainbow』は僕の半生の全てでした。

眼前に広がる言葉の海から極めて慎重に普遍性の剪定を行い、「記憶や思い出、感動の結晶たる音楽の回生の連鎖」を表現した。

無論、それはこの曲の本質に他なりません。ただし、本質が一つとは限らない。

 

一見にして平易で普遍的な言葉たちの裏には、僕が過ごしたあらゆる一瞬と紐付く糸が隠されていました。

今思えば笑えるほどだった、辛くて悲しいことも、

死ぬほど嬉しくて泣いてしまったようなことも、

全てあの曲に詰めた。

 

 

さて、今回、そんな『rainbow』を泣くほど気に入ってくれて、かつ僕の大きな憧れであった人たちと一緒にアルバムを作る機会が訪れました。

しかしそれは頓挫した。

色々な原因が考えられますが、今回のアルバムの締め切りがギリギリになった原因の元は僕にあります。

もともと春に延期するかもって話で膠着状態だったものを、僕が『rainbow』の流れからどうしても今年で一旦、創作活動に、果ては自身の半生にケジメを付けたい、という理由で無理を言って再始動させた節はやはりあります。

 

まあつまるところ、やっぱり僕という人間の半生なんてのはその程度で、皆さんの買い被りが過ぎていた、ということでしょう。

 

それでも、ギリギリの締め切りくらい軽く蹴散らす程の熱量を込めたつもりだった。自信もあった。

しかし結果が伴っていない以上、これは僕の驕りに過ぎなかったということです。

 

その上、こういった事態に陥ったとき、僕は一生立ち直れなくなって、全部嫌になって作詞を辞めるとか言い出すきらいがある。

病態は悪化の一途を辿り、身寄りが無い上に、どうしても報われない、という感情が全身を支配して制御できない。

いずれにしても、やはり皆さんは僕を買い被り過ぎていた。

 

 

ただ、なんだかんだで悪くない人生ではあったんじゃないかな、とは思ってます。ほんとです。

 

楽しかった、本当に楽しかったんだ。

夢を詰め込んだ分だけ重くなる鞄は、諦めた分だけ軽くなるはずなのに、背負ってみると何故か前よりしんどくて。

 

偶然が幾重にも重なって作詞という形で創作活動に携わることになってから一年間、憧れの人に歌ってもらえることになって、一緒に凄く喜んだ。自身の言語感覚といちから見つめ合って、言葉を紡ぐことについて深く深く考えた。友人にも凄く恵まれた。人生で初めて恋をして、彼女がいたことはあっても恋愛感情を抱いたのはまったく初めてのことで、人間について、人生について、本当に深く深く考えた。

 

そして僕は『rainbow』で、真理の一端に触れた。

こんな体験は、一生に一度あるかないかだろう。

 

自身の生理から、言葉たちが滾々と淀み無く湧き出てくる感覚があった。自分のこころが、聴き手のこころが、言葉たちの息吹が、全部分かった。

 

気が付くと歌詞を書き終えて仮歌を吹き込んでいた。

心臓の大きな脈動が聞こえる。

仮歌の再生ボタンを押してから約2分間、僕は震えが止まらなかった。

僕は泣いていた。

 

この世界の、全てが分かった。

 

 

あなた達の絶望の淵には、きっと誰かがいます。

あなた達の記憶は、折に触れてカラフルな音として回生します。

そしてそのとき、あなた達の目の前には、とても綺麗な虹がかかっていることでしょう。

 

微笑みと共に。

 

そこにもう僕はいませんが、これだけは保証します。

 

 

......もう、涙で視界が滲んでまともにキーボードも叩けないみたいです。

僕の人生は今日で幕を閉じます。

明日から、皆さんの日常生活の中に、僕の姿はありません。

記憶。皆さんの記憶のどこかに、僕がいた痕跡が遺っていたら、それ以上のことはないです。

 

あんまり未練がましいのもみっともないので、この辺りで。 

 

最後に、僕が生涯で一番好きな曲を貼ります。

www.nicovideo.jp

 

玉葱 / ピノキオP

 

涙は全部が たまねぎのせい
笑顔は ヤバイきのこのせい
気分が悪いのは毒電波のせい
なんでも何かのせいだね

ゴキブリ嫌いは遺伝子のせい
お化け嫌いは生きてるせい
世界が終わるのは みんなのせいで
私のせいじゃないんだよ
はじめはそんな決めつけなんて
あやふやなものだった
だけど正しいと思い込んでしまったんだ

 

いじめのきっかけはお笑いのせい
犯罪はネットやゲームのせい
頭が悪いのはマンガのせいで
なんでも何かのせいだね

 

なんとなく仲間はずれになるのは
正しすぎる決め付けのせい?
涙がふと零れ落ちたけれど
これもたまねぎのせいかな

 

ひとりぼっちになってしまったのは
意地悪な神様のせい
そんな私がもし どこかへ消えたら
君は涙を流すかな
それはほんとの涙かな
ららるららるらららららら
もしやたまねぎの涙かな

 

 


それではみなさん、本当にさようなら。

 

いつかどこかでまた出会えたら、人はそれを『奇跡』と呼ぶのでしょう。

 

 

 

コミティア126購買記録+

f:id:umihanakuro:20181126011853j:plain

模造クリスタル(模造クリスタル)『ファイアーメイジ』

おおきめログハウス(たいぼく)『うそでも笑って暮らそうよ。』

赤井製作所(赤井さしみ)『の』

セガワ上流(背川昇)『MUQ 1』

クソライダー(位置原光Z、T-10)『クソ本ダイナマイト3』

アッパーカット(タオルまるめちゃお)『サンダーボルト 5』

つゆくさ(三島芳治) ペーパー

rectenna(新井陽次郎)『きっとそれでいい』

TUNAMAYO-GOHAN(米山舞)『esc.』

junkuma(くまおり純)『日々のかわいさ』

江戸ゲーム部(江戸)『TANK VS THE CITY』

江戸ゲーム部(江戸)『TANK VS TANK 公式設定資料集』

 

 

以下、+

 

その後、友達と合流して裏コミティア(きらら展)へ赴いたときの様子

f:id:umihanakuro:20181126012954j:plain f:id:umihanakuro:20181126013008j:plain 

f:id:umihanakuro:20181126013025j:plain

 

榎戸駿によるオリジナルアニメーションもとても良かった。

アキタちゃんが笑っている(器械先生の絵が動いている........)ところとラストのゆのっちの振り返るカット、撮影もバチバチに決まっていてめちゃくちゃエモかった。30分以上連続で見続けてしまった

 

更にこの後秋葉原K-BOOKSで中古同人CDを雑に漁っていたところ、派手な看護婦の絵がジャケットになっているCD(冒頭の写真右下)を突然見つけて驚嘆と混乱が同時にやってくる。

ネットのどこかから拾ってきて絵自体のデータは持っていたのだが、同人CDのジャケットだとは全く知らなかったためだ。

とにかく即買った。終電近くまで秋葉原で喋り込んでついさっき帰宅したところなので、もうとにかく眠い。内容の確認は明日行う。

 

おやすみなさい。

C94購買記録および雑感

前回

umihanakuro.hatenadiary.jp

 

f:id:umihanakuro:20180812214630j:plain

 

アニメスタイル電脳コイル アーカイブス』

・TRIGGER『SSSS.GRIDMAN STARTER BOOK』

・芳垣佑介(芳垣佑介)『Fieldtrip』

・芳垣佑介(芳垣佑介)『中型怪獣の暮らす町BOOK』

・セメタリーヒルズ(今石洋之)『今石洋之原画集19号』

・セメタリーヒルズ(今石洋之)『チラシシューマイアメリカン』

・関東田舎言葉(五十嵐海、内田直人、五十嵐祐貴)『モブ図鑑』

・ChaChaCha(堀剛史)『堀剛史原画集MILD』

・たなしプロダクション(中村豊)『IMCOMPLETNESS miracle 3』

ANA&MICAE(コンノタ)『HEAVENLY MAIDEN 1.5』

・アニメ偏報(unkoer、ムトベ、アツキ、押山清高、温泉中也、久保田誓、諏訪壮大、ちゃう、のりゆき、横田拓己)『MTBN』

・45yen(貞本義行)『GRAPHITE3』

・いいとこまんじゅう(はまち)『いんちきさかなずかん』

・けむりとほこり(けむほこ)『覚えの無い不在書/誤記を待つ怪文書』

ジークンドー(G=ヒコロウ雑君保プ道満晴明)『デビルメイクラヴ』

・赤井製作所(赤井さしみ)『丼』

・キツネイロ(キツネ)『朱夏のより道』

 

 

上から順に雑感

電脳コイル アーカイブス』 プロップデザイン、各話イメージ、イメージボード辺りのあったかさですかね

『SSSS.GRIDMAN STARTER BOOK』 公式twitterのカウントダウンイラスト?のまとめかと思ってたけど違った 五十嵐海の絵が相変わらず支離滅裂で最高でしたね

『Fieldtrip』 LWA1クール目EDの原画がメインだが、芳垣の細かいアイデア力が詰まった一冊

『中型怪獣の暮らす町BOOK』 芳垣のあったかさの塊

今石洋之原画集19号』 アイカツのあの回の原画や、ダリフラのラフ絵コンテなど ルル子の絵が良かった

『チラシシューマイアメリカン』 アメコミ全然分からないけど、なんか並んだ時間があまりにも勿体なく感じて買ってしまった、、

『モブ図鑑』 また、ダリフラ8話の風呂のとこのような五十嵐海ワールドが見たい、、、

『堀剛史原画集MILD』 アッコの落書きgifの原画、サムライチャンプルーの原画など ダリフラはスルー

『IMCOMPLETNESS miracle 3』 直近の仕事(血界2期、ヒロアカ3期)のラフ原 「あったかい」って言葉が出るから、中村豊は冬が好きらしい

『HEAVENLY MAIDEN 1.5』 紺野大樹の趣味本

『MTBN』 制作進行かなんかの人の絵を"あの"アニメーターたちが修正する、という触れ込みのヤバい本 一番まともに修正すると思ってた押山がすげえ雑で笑った

『GRAPHITE3』 表紙のヒドミと、宝石の国のファンアートが良かった 月曜日の友達のファンアートは結構頑張って阿部共実絵に寄せてたけど貞本との融合は難しいと思った

『いんちきさかなずかん』 普通に好きな漫画だった 最近知ったからよく知らないんだけどこの人はアニメーターなのかそうじゃないのか

『覚えの無い不在書/誤記を待つ怪文書』 芸カは行けないけどこういう時にどうにか小数点ナンバリングを回収していくんだ 信者だから

『デビルメイクラヴ』 最近ヒコロウのオリジナルの調子が良い気がする

『丼』 いつも通りの女の子と魔物がひたすら可愛い漫画群

朱夏のより道』 イラスト「夏ざまの部屋」が最高 ファンなら絶対買うべき 今までで一番かっこよくまとまってるかも

 

創作同人系稀覯本紹介 その1

f:id:umihanakuro:20180627201051j:plain

 

・ヒマラヤイルカ(あらゐけいいち)『Helvetica Standard』

・ヒマラヤイルカ(あらゐけいいち)『46 spring』

 

 

Helvetica Standard』(コミティア版)について

写真左上に比較用として置いてある商業版とは大きく内容が異なる。

あらゐけいいちが活動最初期に自身のサイトで公開していた1-2ページ漫画の総集編、のはず。コミティア89で頒布された。

シュールギャグ、エッセイ風、一枚絵など様々な形態のHelvetica Standardが立ち並ぶ。特に「2」「21」「28」「44」「57」「70」が好き。

『日常』のはかせとなのの原型みたいなキャラが出てきたり。

奥付にまで個性が滲み出る、あらゐけいいちらしさを凝縮したような一冊。

 

 

『46 spring』について

『日常』の連載も後期に差し掛かり、商業作家として大成してからの作品。コミティア100で頒布された。

平凡な日常を過ごしながらも別段それを厭うこともなかった「私」は、それでもどこかに「面白そうなこと」を追い求めている節があった。自身の半生を思い返す中で、そのきっかけとなった不思議な後輩・ゆーちゃんとの記憶が強く蘇る。

シュールギャグでありつつも、モノローグの上手さが光る。『日常』ではちょっと描き難そうな、「ケ」と、物悲しさと、清々しいワクワク感が読後に残る一冊。

本作の一部の要素は、作者の現在の連載作である『CITY』でセルフパロディされている。

ところで、あらゐけいいちが偽名でコミティアに参加した際に頒布された、幻の続編が存在するらしい。都市伝説級。

 

0612日記 人として

f:id:umihanakuro:20180612230540j:plain

(6/12 22時頃  野毛山公園前にて)

 

 

自分の気持ちが分からない。

 

会社からの帰路、大して仲が良い訳でもないけど同じ寮に住んでいる同僚たちと、夕食を買い込みにスーパーに立ち寄る。

べつにこれ自体はなんでもないことだ。いくら俺が人間的に興味が無い会社の同僚との無用な遭遇をなるたけ避けるようにしていたって、タイミング次第ではこういうことも起こる。

 

本当になんでもない、他愛も無い会話が展開される。今日しんどかったね~とか、明日の席替えの話とか、ごはん派かパスタ派かとか、ここ2か月で得た良い惣菜の知見に関する話だとか、割引きシールの話とか。

 

あれ、意外と人生ってこんなもんでいいのかな。

そうだ、あと、やっとの思いで手に入れた、プレミアがついてる創作同人誌が近々届くんだった。それが楽しみなんだっだ。俺の人生における幸福の総量を考えたら、こんなもんで十分なんじゃないか。

 

 

今、無理をする必要なんか無いんじゃないのか。

 そんなことが一瞬でも頭をよぎってしまった自分に嫌気が差す。

 

 

 というか無理をする/しない以前に、自分の気持ちすらよく分からない。他の人間の気持ちなんてもっと分からないのに。

睡眠障害だって依然として治る気配は無い。

そういう精神的弱さに、何か変化がもたらされるかも、という淡い期待、というか打算もあったんじゃなかったっけ。

それすらも、精神が弱過ぎてどうでもよくなってくる。

むしろ、ならばいっそ、目下その打算だけを行動原理とすべきなのか、とすら思えてくる。

 

 

俺はずっと、「考えることを辞めるぐらいだったら死んでた方がマシ」という理念を掲げてきたが、実際には「今後もずっと考えることを辞めない」ことはたぶんとても難しい。

今の研修を受けてる限り、配属後の仕事にやりがいなんて感じなさそうだ。まあ分かってたけど。

創作物に対する熱は未だ冷めないが、これは精神的・肉体的に一定以上元気な人々しか享受できないものなのではないか、と最近思い始めてきた。とは言え娯楽でもあるのだから、その「一定」のハードルはかなり低いはずだが、今の俺はそれさえけっこう怪しい。

そう遠くないうちに、精神も、肉体も擦り減って消え失せてしまうんじゃないか。しかもそれはだんだんと摩耗されていくものだから、自分が消え失せたことに気が付くことすらないだろう。それがただただ怖い。

 

 

妹から『最近どう?』とラインが来ている。

俺にとって妹は、家族のうち、唯一仲が良かった人間だ。

 

兄として、そして人として、返す言葉が見つからない。

 

 

コミティア124購買記録および雑感

f:id:umihanakuro:20180505184346j:plain

・ネット絵学(虎硬)『ネット絵学2018』

・junkuma(くまおり純)『遊具』

・インクボトル(今石洋之)『IBC02』

・イヌガー(TRIGGER)『BULLET5』

・良識派(中野でいち)『日曜朝のシルエット』、『西園寺ひばりの肋模様』、『カウントダウン』
・ハトポポコ(ハトポポコ)『キュート』

・キセガワ上流(背川昇) フリーペーパー

・クソライダー(T-10、位置原光Z) フリーペーパー
・もぐこん(ひうち棚、こいけぐらんじ、大西真人、三島芳治、もぐこん、柳田人徳)『グループH』
・ファンタジーソング(ドムタ、さたろばす)『STATES 1』

・赤井製作所(赤井さしみ)『ま』

 

 

 

特に良かったもの、こと

 

・『ネット絵学2018』でLM7が派手な看護婦フリークっぷりを存分に発揮しまくっていたこと

 

・本人の監修によって最早実際の口頭でのインタビューとは別物になっているらしい、異常に体系的で日本語のコロケーションが整った、『ネット絵学2018』の豊井のインタビュー

「言うほど風景ってパース的に見えてるか?って思うんです」は今回のインタビューを象徴する一言だと思う。おれもここまで言語化の深度を上げられたらなあ

 

・『ネット絵学2018』のインタビューで、TOKIYA、ラレコ、派手な看護婦らへんのゼロ年代サブカル代表の名前がたくさん挙がっていたこと

これにより、前作『ネット絵学』との文脈のリンク、というかインターネットネットイラストの歴史全体の文脈はより強化される

 

・『BULLET5』で、雨宮哲がJNTHEDみたいな絵を描いていたこと

あと、吉成曜のイラストは「ルーナノヴァが存在しない世界のアッコ」みたいなイメージだろうか。これもとても良かった。

 

・三島芳治『コミュニケーションSF』

 

・ハトポポコ『キュート』